まぶたの手術、特に眼瞼下垂の挙筋前転術(いわゆる全切開)において、皮膚切除、眼窩脂肪切除を行う場合と行わない場合があります。術前に大体決めておく場合と術中に決める場合もあります。当院は常に保険診療の手術ですので、皮膚切除、脂肪切除をしてもしなくても手術費用は変わりません。以前は皮膚切除も脂肪切除もほぼ全例で追加しておりましたが、少し前まではほぼ全例でやらない、最近は一部やったりやらなかったりしています。めんどくさいとかそんな理由ではありません。人体でいらない組織はないですし、必要最低限の手術で結果を出すことを心掛けるべきだと私は考えます。眼窩脂肪はまぶたや眼のクッションとして大切な組織ですし、ROOFと呼ばれるまぶたの皮膚、眼輪筋の下に存在する脂肪は切除することで神経麻痺がおきることもあります。切除すればするだけ、出血量も増え、腫れます。まぶたの手術後に起きる皮膚のたるみは術前に予想できないこともあるため、(術後目が開くことでおでこの筋肉の力が取れて、驚くほど皮膚のたるみが出る症例も多いですし、眼瞼下垂の方は長年に渡り、まぶたや顔のマッサージを受けられてたるみを助長させている症例が目立ちます。)取りすぎることは避けるべきです。取りすぎたら元に戻せないけど、残ったものは後から取れます。そのために2回分けて手術が必要になることもあります。子供たちが夢中で見ていた、ドクターXで大門みちこが、いらない臓器なんてない!と言っていたのをふむふむと思いました。