まぶた手術 埋没 切開

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。院長うぶかたゆりです。

まぶたの手術でざっくり大きく分けますと、切るか、切らないか2つに分かれます。

それぞれにメリット、デメリットがございます。

切らない、いわゆる埋没法では、ダウンタイムが短い、手術時間が短い、しかし、再発するなど。切る、いわゆる切開法では、ダウンタイムが長い、手術時間が長い、長い目で見ると再発しにくいなど様々です。どちらにも共通することは、まぶたは水物。時に予想と反することが起きることがございます。病気や個々のまぶたの状態を診察し、その上で適切な治療を提供していきたいと思っております。