アレルギー性結膜炎が重症化すると、目の中にぼこぼことした石垣状の増殖が起き、それが角膜目の表面を傷つけることで、角膜潰瘍(黒目の皮が剥がれる)、永久的な視力低下につながります。特に学童期の男児に多く見られますが、成人でも起こります。

痒いを放置せずに早めの点眼治療が必要です。