こんにちは。ご訪問ありがとうございます。院長うぶかたゆりです。

豊川はマラソン、駅伝、水泳などスポーツが盛んな地域です。

豊川工業、豊川高校がんばれ!と豊川市民の一人として応援しています。


私たちは、情報の80%以上を眼から得ているといわれています。

一瞬の状況において的確な判断とすばやい動きを求められるスポーツにおいて、

眼はとても大切な感覚器官なのです。 スポーツにおける大切な眼の役割は次のとおりです。

  1. 静止視力(どこまで小さな視標がみえているか)

  2. 前後の動体視力(遠方から接近する目標にピントを合わせる力)

  3. 水平の動体視力(目の前を横に動く目標を眼で追う力)

  4. コントラスト感度(白黒の微妙なコントラストを認知する力)

  5. 眼球運動(跳躍的に動く目標に視線を合わせる力)

  6. 深視力(距離の差を感じる力)

  7. 瞬間視(一瞬のうちにどれだけ情報を得るか)

  8. 眼と手の協応動作(眼でとらえた目標に手で反応する力)

そのうえで大切なことは

①スポーツ時に適切な屈折矯正すること

スポーツを行う時に、近視や乱視など屈折異常がある場合には、メガネやコンタクトレンズを使用してプレーすることが望ましいです。

動体視力や距離感をうまく機能させるためには、屈折矯正を行いピントをしっかりと合わせることが、最も確実な方法ともいわれています。

鮮明な視覚情報を得ることが、競技パフォーマンスにも少なからず影響を与えると考えられています。また、安全面からもしっかりと見えるようにしておくことで、スポーツ中の外傷を未然に防ぐことが出来るケースもあります。

②目を外傷から守る

今まで勤務した病院では、スポーツ中に怪我をして来院される患者様もたくさんいらっしゃいました。その種目は、野球やサッカー、バドミントン、ボクシングなど様々です。

年齢は10代が半数以上を占めており、中には、重い後遺症が生じてしまうケースもあります。

スポーツを安心・安全に楽しむためにも正しい屈折矯正や、スポーツ時の保護グラスの使用が望まれます。

当院では眼科医の立場からスポーツと視覚に関して、可能な限りアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。