こんにちは。ご訪問ありがとうございます。院長うぶかたゆりです。

名古屋医療センター勤務時代に恩師が眼窩(目の周りの骨や組織)の専門でしたので、そこで多くの症例を学ばせていただきました。

スポーツ外傷 眼窩底骨折

その中で特に多かったスポーツ外傷は眼窩底(目の周りの骨)の骨折です。バドミントンの桃田選手やボクシングの田中選手が受傷したことで有名です。小・中学校の部活動でもよく起こりますし、転倒でもおこります。バドミントンや卓球、野球やソフトボールが目に直撃することで簡単に骨折します。目の周りの骨は、紙のようにうすいためです。逆に目の周りの骨が折れることで、一気に高まる内圧が外に逃げて目を守っているんですよね。治療は基本手術です。目をけがされた場合は、放置せずすぐに眼科へ受診してください。

特に吐き気、嘔吐を繰り返す場合、物が2重に見える場合は緊急手術が必要です。

よろしくお願いいたします。

untitled (jpnsport.go.jp)←をクリック