見るを育てる

生まれたばかりの赤ちゃんは明暗がわかる程度ですが、生後6ヵ月を過ぎると外界のものが見えるようになってきます。視力は「見る」という自然の訓練を通して徐々に発達し、およそ6-8歳頃までに完成されます。最初から見えるわけではございません。

この時期までにクリアに見える状態にしないと、その後は見る能力が育たず、視覚障害が起こることもあります。

つまり8歳までは、その後の人生に大きな影響を与える重大な時期。こどもだからメガネをかけるのはかわいそう、と考えてメガネを使わないのは逆に悪影響を及ぼしかねません。

3歳児検診など専門家の検査を受けたり、日頃からお子さまの視力について気を配りましょう。また、小学校健診などで視力再検査表をもらったお子様は、眼科を受診しましょう。

近視などでメガネをかける基準は0.5~0.7です。ただ、ご両親のお気持ちもありますから、個々に応じて相談させていただきます。めがねと同時に近視抑制治療も併用することが望ましいです。