病気がなくても目に潤いを与えましょう。毎日2万回近いまばたきを繰り返しています。

目薬は治療だけではありません。日常風景として定着させましょう。こどもも大人も。